ALL ROUND (オールラウンド)

目次

幅広く評価され利用されているサインツール

・裁量取引向き(サインは検知出来るが、自動売買では少しアバウトになる)
・思っていた以上の勝率を残せている(AUD/USD、EUR/GBP、EUR/JPY、USD/JPY)の一部
・HighLow取引よりTurbo向きか?
・2019年~2020年ごろに広く使われていた?
・現在はタブーな雰囲気

特徴
・裁量取引向き(サインは検知出来るが、少しアバウトになる)

・順張り2種(移動平均線、ボリンジャーバンド)、逆張り2種 (移動平均線、ボリンジャーバンド)
・RSI

自動売買で使うには

対象となるEX4と設定値

・ALL ROUND.ex4( High : 0, 2, 4, 6 Low:1, 3, 5, 7 )

長所と弱点

長所
短所

バックテスト

バックテストの採用基準

・マイナスの期待値にならないこと

・対象通貨ペア(AUD/JPY, AUD/USD, EUR/JPY, EUR/USD, GBP/JPY, NZD/JPY, USD/JPY)

記事が見つかりませんでした。

フォワードテスト

フォワードテストの採用基準

・マイナスの期待値にならないこと

・対象通貨ペア( )

記事が見つかりませんでした。

このサインツールについて

このサインツールは高額なサインツールなので、ネット上でもいろいろな評価をされていると思います。

高機能すぎて使いきれない状況も想定されるのですが、販売者のネット上の評価は余り良くないのですが、サインツール自体はそれなりの結果を出しています。

ただし、サインツールの特性を十分に検証をしたうえでご利用になられるのはいいかもしれませんが、とても高額なのでおすすめはできません。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

YOUのアバター YOU シストレ伝道師

これまでに仮想通貨取引、オフショアファンド、MAM株取引など数々の投資失敗を繰り返してきた私がたどり着いた、バイナリーオプション。システムトレードで実現する可能性と素晴らしさをお伝えできたらと思います。

Lineお友達登録は、こちらから

コメント

コメントする

目次
閉じる